結婚式関連

【ゼロ婚のデスクに行った私が解説】ゼロ婚のメリットデメリット

こんにちは、結婚式の会場を10か所以上見学してきました、こましおです。
今回はゼロ婚に行って見積もりをもらってきたレビューを書きます。

ゼロ婚に興味がある人
ゼロ婚に興味がある人
ゼロ婚てどんなサービス?本当にゼロ円で出来るの?
どんな仕組みか知りたい。見積もりも見てみたい。

こんな疑問を解決します。

本記事では、ゼロ婚の仕組みやメリット、デメリットを解説します。
この記事を読めば、ゼロ婚が自分たちに合っているかどうかが分かります。

ゼロ婚を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

✔記事の信頼性

私自身、結婚式をしたいと思っており、式場やレストラン会費婚など
10か所以上の会場に足を運びました。
先日ゼロ婚に実際行って、プランナーさんに相談に乗ってもらい
見積もりももらってきました!

この記事の内容

✔ゼロ婚は結婚式費用を限りなく安くしたい人におすすめ
✔ゼロ婚のメリット、デメリット
✔とりあえず相談だけでもOK。強引な勧誘は一切ないので安心

それでは、さっそく見ていきましょう(‘◇’)ゞ

ゼロ婚は結婚式費用を限りなく安くしたい人におすすめ

ゼロ婚では、ご祝儀で結婚式費用を支払うことが出来ます。
専門式場のように、広告にお金をかけていないので
式場に比べて圧倒的に安く式を挙げることが出来るのが
何よりも魅力!!

結婚式場の見積もりを見たことがある人は分かるかもですが
結婚式場って何でもかんでも、めちゃ高いです。
ドレスのレンタルが20万円以上したりします。
こういった、なんでこんなに高いの?の背景には広告費があります。

ブライダル業界の闇の話

あのとんでもなく分厚い結婚情報誌ゼクシィの値段は、豪華な付録付きで
300円!

買う側としては嬉しいですが、実は結婚式場はゼクシィに広告を載せるために
運営会社のリクルートに広告費を何百万円も払っています。

あと、式場の維持費とか土地代とかですね、とにかく結婚式場って
莫大なお金がかかっています。

こういうお金が、レンタル代やら花代やらに全て乗っているんですね。
だから、普通にドレスを借りたら7万とかだけど、式場でドレスを借りると
20万を余裕で超えたりします。

ブライダル業界の闇ですね。

普通の結婚式場で結婚式を挙げれば、もれなく広告費や式場の維持費を
支払うことになります。
普通の式場で結婚式をするならこれは避けられないことなんですよね。。

なので、こういったムダなお金を払いたくない!と言う人にはゼロ婚がオススメです。

ゼロ婚のメリット、デメリット

ゼロ婚のメリット、デメリットを解説していきます。
まずはメリットから。

・費用が安い
・ムダなお金を払わなくていい(広告費など)
・専属のプランナーさんが付いてくれる
・料金体系が明瞭
・出された見積もりから金額が上がることはない
・ご祝儀払いが出来る

費用面については、前にも書きましたがムダなお金を払わなくていい
構造になってるので、一般の式場よりも費用を抑えられるということです。

他の3つについてちょっと解説します。

専属のプランナーさんが付いてくれる

会場を決めたら、会場の人とではなくゼロ婚の
プランナーさんといろんなことを決めていきます。
このプランナーさんは、結婚式当日も式場に来てくれて
当日二人のサポートや、スタッフのサービスが行き届いてるか
などを見てくれるそうです。
打合せから当日までずっと同じプランナーさんが担当してくれるので
すごく安心できますよね。

料金体系が明瞭

結婚式の見積もりって、何にいくらかかってるのか
分かりずらかったり、あんまり料金が明瞭ではないことが多いです。
でも、ゼロ婚の料金体系はすごく明瞭で、なおかつ

これを入れるか、入れないか。

というのを、見積もりの段階で自分で指定することが出来ます。
プランナーさんと一緒に、見積もりの内容を決めることが出来るので
安心して見積もりを作成してもらえます。
一つひとつのアイテムの金額も明確にいくらと書いてるので
明瞭で分かりやすいです。

出された見積もりから金額が上がることはない

結婚式場で最初に出された見積もりは絶対に上がるという
事実があります。
しかも平均100万円もあがるとか!
見積りも意味なしですよね。

ゼロ婚ではそういうことは一切ありません。
人数が増えたときやアイテムを自分で追加しない限りは
見積りの金額が上がることはありません。
これはゼロ婚ならではで、めっちゃいいですね(‘◇’)ゞ

ご祝儀払いが出来る

一般的な結婚式場だと結婚式当日の5日前までに全額払ってくださいとか
普通に言われますが、ゼロ婚だとご祝儀払いが出来ます。

式が終わって、当日にゲストに頂いたご祝儀で精算をする形です。
連帯保証人的なひとを立てなければいけないなどの決まりはありますが
ご祝儀払いが出来るのはありがたいですよね。

続いてデメリットは下記の通り。

・会場が限られている
・試食が出来ない(有料)
・会場見学の時間が短い

会場が限られている

これが最大のデメリットですね。
ここで挙げたい!とかが決まってる人にはおすすめできません。
提携先が限られているので、どうしてもその中から
結婚式会場を探さないといけないので、なかなかイメージに
合う式場がなかったりするとゼロ婚は難しいです。

ゼロ婚が提携してる会場のなかで気に入った会場を見つけられたら
全く問題ないのですが、好立地好条件の会場はどうしても
少ないように感じました。

試食が出来ない(有料)

通常の式場やレストランのブライダルフェアに行くと
試食が出てくることが多いですが、ゼロ婚の会場見学では
会場見学のみで試食は出てきません。

試食したい場合は本契約をしてから有料ですることができます。
食事の味を見て判断したいというのも、ぶっちゃけあると思うので
試食が出来ないのはちょっとデメリットですね。

会場見学の時間が短い

これも一般的な式場に比べるとですが、会場を見学する時間が
短いです。
時間的には30分から小一時間というところですね。
ゼロ婚とはいえ、たくさんの人にわざわざ集まってもらって
お祝いしてもらう訳なので、会場はじっくり見て決めたいですよね。

じっくり、というにはちょっと見学時間がちょっと短い。
何百万円もかかる結婚式の会場を、30分とか見ただけでは
ぶっちゃけ決められない…という気持ちがあるのも事実ですね。

とりあえず相談だけでもOK。強引な勧誘は一切ないので安心

ここまで読んでみて、とりあえず話だけでも聞いてみたいなと
思った人はぜひ、ゼロ婚の相談デスクに行ってみてください。

まだ結婚式のイメージが全然なくてもプランナーさんが親身になって
一緒に考えてくれますよ。

一般的な式場と違い、当日制約しないと割引しないとかもないですし
強引な勧誘は一切ありません。
そういう意味で本当に安心です。
持ち帰ってゆっくり考えらえるので、ただ参考にするだけでもいいですし
気になる会場があったら一度見学に行ってみるのもあり。

結婚式の費用をなるべく抑えたい!と考えてる人には
本当に良いサービスですよ。

結婚式をやろうかなと思っているなら、なるべく早く行ってみて
ください。

良い日取りや春や秋などの過ごしやすいシーズンはすぐ埋まってしまうので
結婚式を少しでも考えているのなら早めの行動をおすすめします。

今回は以上となります(‘◇’)ゞ