ねこ

【ねこ歴22年の私が解説】ねこを飼うメリット・デメリット

こんにちは!こましお(machiii0303)です(^^)/

ねこを飼うか悩む人
ねこを飼うか悩む人
ねこを飼ってみたいけど
メリット・デメリットを知りたいな。

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

✔【ねこ歴22年の私が解説】ねこを飼うメリット・デメリット
✔基本的にねこが好きなら幸せにしかならない
✔ねこにフリまわされることさえも幸せです

それでは、さっそく見ていきましょう(‘◇’)ゞ

【ねこ歴22年の私が解説】ねこを飼うメリット・デメリット

ねこって世界一かわいい生き物じゃないですかね。
多分、ねこを飼おうとしてるあなたも
けっこうなねこ好きなんじゃないかと
思います。

私はねこ歴22年になりますが、
ねこなしでは生きられない体質に
なってしまいました。

ねこは私の精神安定剤です(*‘∀‘)

前置きが長くなりましたが
さっそくねこを飼うメリット
デメリットを解説していきます(^^)v

ねこを飼うメリット

ねこを飼うメリットって無数にありますね。
特にこれだけは確実に伝えたい!
ということを中心に書きます。

・ねこが可愛くて癒される
・ねこがいるだけで幸せな気持ちになる
・ねこの姿がかわいすぎて目の保養
・大切な家族が増える喜びを感じる
・言葉は話せないけど心が通じ合う喜び
を感じる
・かけがえのない時間をともに過ごせる
・人生をより豊かにしてくれる
・世界一のパートナーになる
・家にひとりでもさみしくない
・話し相手になってくれる
・とにかく癒し効果が絶大

こんな感じですかね。

とりあえずねこが可愛くて
飼うとすればメリットはだいたい
こんな感じになるかなと思います(笑)

幸福度がリアルに30倍は増えますよ。
疲れても嫌なことがあっても
家に帰ってねこがいれば
なんとか乗り越えられます。

乗り越えられなくて落ち込んでも
無言で励ましてくれます。

スリ~って足とかにすりよってくれて
「ま、元気出せよ、な」
みたいな。

かわいい…かわいすぎますね!!

メリットはみなさん考えたら
分かるというか
かわいいから飼うんですよね
そりゃあ!

って感じなのでこのくらいにして
おきます(笑)

ねこを飼うデメリット

ねこを飼うか悩んでるあなたは
こちらの方が気になりますよね。

ねこを飼うって、ねこと一緒に
生活するって
どんなデメリットがあるの?
これはねこと暮らしたことが
ある人しか分からないですよね。

ということで、まとめていきます!

・お世話しないといけない
(トイレとかご飯とか)
・お金がかかる
・家具がボロボロになる
(カーテン、ソファ、イスなど)
・家がボロボロになる
(カベで爪とぎとかすると)
・毛がいろんなとこころに付く
・ねこアレルギーが出るかもしれない
・手や足が傷だらけになる
・ねこが可愛すぎて
引きこもりがちになる

こんな感じですかね。

モノによっては対策できるものも
あります。

たとえば爪とぎは、爪とぎ用の
段ボールとかを買ってあげれば
カベとか家具で爪とぎしない子も
いるみたいです。
(個体によります…(笑))

うちの子は、爪とぎ用段ボール
買ってあげてますけど
余裕でソファで爪とぎ
しまっくっています。

おかげさまで
ソファはこんな感じで
死んでいます(‘_’)

こんな感じでデメリットがあるのも
事実っちゃ事実です。

私がねこと暮らしていて
デメリットだと感じる人も
いるだろうなと思うことは
このくらいですね(^^)v

これからねこを飼いたい人は
参考にしてみてください(*^^*)

基本的にねこが好きなら幸せにしかならない

メリット・デメリットということだったので
がんばってデメリットも挙げてみましたが
ねこ好きの人だったら基本幸せしかないです。

毎日ねこが一緒にいてくれる
それだけで幸せじゃないですか。

それに、一緒に生活をともに
してるわけなので
信頼関係とか、自分とその子だけの
関係が出来たりするわけですよね。

家に帰って玄関あけた瞬間に
「おかえり~」って
お迎えに来てくれるとか。

帰ったら眠いのに起きてきて
「にゃ」って言ってくれたりとか。

たまらなくかわいくて
愛しい存在ですよね。

まじで、愛情しか湧かないです。

驚くほど愛しく
目に入れても痛くないとは
このこと!!!って感じです。

お金がかかるとか
お世話が大変とかありますけど
自分のうちの子のためだったら
できる限りのことはしてあげたい
と思えますよ。

そのくらい愛しくて
かわいくて仕方ないです。

ペットってそういうものだと
思います。

自分の大切なパートナーなので。

家に来たばかりの頃は
本当に大丈夫かなとか
本当にこの子を育てられるかな
とか思いますが
絶対大丈夫です。

その子が頼れるのはあなたしか
いないんですね。

あなたしかその子を幸せにすることは
できないわけです。

自分の持ちうるすべてを捧げて
自分の家族になってくれた子を
幸せにしたいと思えるように
なると思います。

一緒に暮らしていくうちに
どんどん、どんどん
愛情は深まっていきます。

ねこと一緒に暮らして
わたしが得られたものは
「幸せ」。
それに尽きます(*´ω`)

私がデメリットに挙げたような
ことを覚悟しつつ
ねことの暮らしを手に入れて
幸せな「ねこライフ」を
送っていただけたらなと
思います(^^)v

ねこにフリまわされることさえも幸せです

もはや、ふりまわされることさえも
幸せですね。

わたしは昨年20年をともにした
愛猫を天国に見送りました。

健康に生きていてくれることが
一緒にいてくれることが
どれだけ幸せなことだったのか
大切な時間だったのか
痛感しました。

ねこの寿命は約20年です。

どんなに長生きしてくれる子でも
あなたは、その子の最期を
看取らなければいけません。

これは人生で一番ツライ経験でした。
これからどうやって生きていけば
いいんだと思うくらいツラく
3ヵ月くらいは毎日泣いてたと
思います。

でも、かけがえのない20年をわたしに
くれた彼にわたしは心から感謝してます。

長生きしてくれたし、
いろいろ大変なこともあったけど
彼にフリまわされた時間も
彼のために使った時間も
全部愛しいです。

その愛情は彼を見送った今でも
変わることはありません。

これからねこを飼うかもしれない
あなたに重たい話をしてしまいました。
スミマセン…。

でも、そのくらいかけがいのない
時間なんですね。

出会ってから最期のときまで
一緒にいられる時間は
限られています。

そんな中で、どんなにフリまわされても
最期のお別れのときに後悔しないように
どんな時間も愛しい時間に
して過ごしていただけたらなと
思います。

自分の家に来てくれたねこに
感謝しつつ、愛情を注ぎまくって
幸せなねこライフを過ごしてくださいね(^^)v

今回は、以上となります☆

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください